縮毛矯正している人の、3つの危険信号と5つの気をつけること

今回は、縮毛矯正をしているあなたの為に書いていくよ。

 

今回の記事は、縮毛矯正をしている全ての人に向けて記事を書いていきます。

縮毛矯正とは、くせ毛の方が、クセを伸ばしてストレートにするという技術のことです。

くせ毛の方は、ストレートの方にはない悩みというのがあります。

故に、くせ毛の方が縮毛矯正を初めてした時には

とてつもなく、感動したはずです。

コンプレックスに思ってる方も、多いわけで・・・

だがしかし、あなたの髪の毛の状態はどうですか??

求めていたようになっていますか??

このような方は、赤信号だと僕は、赤信号だと思っています。

逆に今から、書く状態の方は、その悩みを解消できる状態に、

持っていくことは可能です。

縮毛矯正をされている方は自分の髪の毛をチェックしてみてください。

 

あなたの髪の毛、いつの間にかシャキーーンってなってないですか??

スクリーンショット 2014-11-26 20.01.12

これ、結構ありがちなんですが・・・

いつの間にか、シャキーーーーンっとなってしまっているという事・・・

シャキーーーンという表現っていうのは、なかなか難しい表現ではあるんですが・・・

不自然にまっすぐになっている状態のことを言います。

不自然にまっすぐというのは・・・

どういうことかというと・・・

風になびかないくらいなストレートということです。

自然なストレートにしたいのに・・・

伸びすぎちゃって・・・なんだか不自然そんな状態になってませんか??

 

 

あなたの髪の毛、なんかいつもパサパサしてないですか??

スクリーンショット 2014-11-26 20.09.10

いつも、かけた時は、サラサラなんだけど・・・

気がついたら、髪の毛がパサパサしている。

そんな髪の毛の方は、髪の毛のダメージによるものです。

あなたの髪の毛・・・

気づいたらパサついてませんか???

 

あなたの髪、濡れたらとろーんとしてないですか??

スクリーンショット 2014-11-26 20.10.06

こちらも、結構あるあるなんですが・・・

髪の毛を濡らした状態・・・

ま〜〜シャンプーなんかした時に・・・

毛先の方、ギュッギュなってませんか??

絡まったり、指が通らなかったりしませんか???

 

 

一つでも当てはまる人は

一つでも当てはまる方は、確実に、その悩みを減らす方法があるということを知ってほしい。

人によっては、時間がかかる場合があるけれども、

確実にそういう、状態を脱する方法はあるということ!

これから、しかと書いていきたいと思う。

 

縮毛矯正で気をつけるべきポイント、

 

縮毛矯正は、間違いなく技術の差が出ます。

しかも、顕著に出ます。

そういうことを、知っておかなければならないと思います。

美容室は選べ‼︎ 専門性というものがある。

美容師は、お医者さんではないけれども、例えで使わせてほしい。

お医者さんでも、内科、外科、皮膚科、眼科、・・・・いろいろ

ありますよね???

それと同じように、美容室にもそういう専門性っていうのは、存在します。

確実に、存在します。

カラーが得意だったり・・・

パーマが得意だったり・・・

カットが得意だったり・・・

カットでも、デザイン的なカットが得意だったり。

ベーシックなカットが得意だったり・・・

縮毛矯正が得意なお店も存在するということ!!

縮毛矯正っていうのは、カットの次に

薬剤を使う部門でいうと・・・一番、技術の差っていうものが現れる。

そんなに、縮毛矯正というものは、甘くはない・・・

みなさん・・・

特別な誕生日ケーキ買うときに、コンビニで買いますか???

そういうこと‼︎‼︎

一時期のツヤに騙されちゃ長い間、傷みで悩まされる。

みなさん、一時期のツヤというものに目がいってしまって・・・

本質が見えてない方が結構、いらっしゃいます。

ま〜〜一時的な、ツヤやサラサラ感が本質(求めているものであれば)

それは、それでいいけれども、

それでは、同じことの繰り返しになります。

一時期のツヤなんてものは、正直、プロの仕事ではありません。

ちょっと、何かつけちゃえばできちゃう。

そんくらい簡単なことです。

 

縮毛矯正は長期スパンで考えるべし。

 

縮毛矯正は、一度、傷んでしまったら治るのに結構、時間がかかる。

うちのお客さんでも、やっと1年して状態が良くなったお客さんがいたりするくらい・・・

それくらい、縮毛矯正っていうのは、結果が出るのに時間がかかる。

そう、縮毛矯正は積み重ねの技術

いい状態になるのは目に見えているんだけど

その状態になるまで、続くか続かないか・・・

そこの根気強さが求められる。

 

基本は根元のみ‼︎‼︎

なんで、こういう縮毛矯正による。

ダメージの悩みが出てきてしまうのかというと・・・

僕が分析したところ

コレ!!

ここが、一番重だったりします。

もっともっと、いい感じに!!もっと・・・

という、欲が、髪の毛のダメージに繋がってしまいます。

結果から言うと、縮毛矯正は根元しかしちゃいけません。

毛先がうねってるわけではなくて、根元のくせが出て、毛先がうねっているんです。

このことを、頭に入れておくことが重要になります。

 

最後に

縮毛矯正だけは、どこでもいい!!

そんなに思っていると、とてつもない失敗につながります。

失敗してからだと遅いんです。

一度、その状態になってしまってからだと・・・

本当に大変なことになってしまいますので・・・

というか、時間がかかってしまいます 汗

注意が必要です。

 

お店の情報はこちら

お店の場所や料金など基本情報をお探しの方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

橋口晃輔

1987年3月10日 資生堂美容技術専門学校卒業 2012年10月10日から日置市伊集院町でヘアーデザイン8を開業 縮毛矯正のことを、自称 鹿児島で一番心から愛している美容師です。 日々のお手入れがしやすいデザインを提案し、美容室の仕上がりを家でも作れるという再現性の高い簡単でシンプルな髪型が好きです。 好きな食べ物 アメリカ産牛肉 刺身 嫌いな食べ物 きゅうり 好きな飲み物 ビール お腹のぽちゃぽちゃが気になる今日この頃