髪の毛を早く乾かす方法 コツやオススメアイテムグッズまとめ

髪の毛乾かす時間って時間とられるし面倒くさい

いや〜〜髪の毛長くなると・・・だいぶ髪の毛乾かす時間ってかかっちゃうのね・・・

男だけど・・・少し髪の毛を伸ばしてみて気づいたよwww

あれほど、面倒くさい時間ってないね・・・でも、髪の毛を乾かすことって、とても大事なので・・・

今日は髪の毛を早く乾かす方法っていうのを美容師の経験を生かして徹底的にレクチャーしたいと思います。

この記事を見て少しでも生活の質が上がれば幸いでございますっす。

では説明させていただきます。

タオルドライは超重要

髪の毛を早く乾かす時にとても大事になってくるのが、タオルドライです。

元々の髪の毛の水分量が多いのか??少ないのかで10〜15分ほどドライヤーを使う時間が変わってきます。個人的にはバスタオル一枚で髪の毛も体も拭きたいところだったりしますが。

髪の毛を早く乾かす点からいえば、ここで準備しなければならないのがフェイスタオル2枚です。

バスタオル1枚よりフェイスタオル2枚!!こっちの方が断然早く乾きます。

しかも、だいたい、普段使われているタオルというのは綿なんだけど・・・

綿の特徴として・・・一回湿ってしまってからだとどうしても・・・吸水性が落ちてしまう・・・よく吸うんだけど・・・吸わなくなるのも早いのね・・・

だから、濡れたと思ったら、2枚目にを使う。これ間違いねえでw

ティッシュで髪の水分を取るって方法もあるらしいけど・・・コスパと手間考えたらめんどくさいと思う。

そんなん使うんだったら・・・むちゃくちゃ水分取ってくれるマイクロファイバーのタオル使ってあげたほうがいいと思うよ。

うちの美容室でも使ってますが・・・すごいっすよwよく吸うし(タオル二枚分くらいはよく吸ってくれる)しかも、生地が丈夫で洗濯してもしっかりしてるし普通のタオルより乾きが早いんだよね。

これは、まじでコスパ高いと思う。

速乾マイクロファイバー フェイスタオル

一回使ったら吸水力にびっくりするとおもいます。

自分は美容師ながら・・・

あ・・・タオルでこんなに違うんだ〜〜と正直思いました。

 

なんでこんなに吸ってくれるんだろうと不思議になる位です。

興味のある方はこちらをどうぞ!!

マイクロファイバー 超吸水バスタオル

バスタオルタイプもあるので、いっその事マイクロファイバーに変えたいという方はどうぞ・・・

マイクロファイバー吸水キャップ

お風呂上りに・・・すぐには乾かせないという方にはこういうターバンタイプの便利グッズなんかもあります。

髪の毛を早く乾かす方法ポイントを濡れた状態から乾くまで解説。

みなさん髪の毛乾かすときはどのように乾かしていますか???案外、髪の毛の乾かし方って、独学で・・・乾かし方って習った事あまりないんじゃないですか??

自分も正直、髪の毛の乾かし方なんて、美容師になってなかったら、絶対知らなかったと思います。

それでは、乾かし方のポイントというのを、解説していきたいと思います。

用意するものはこちら

DSC04695

 

タオル二枚とドライヤー

まずこの状態からスタート・・・

DSC04696

髪の毛ずぶ濡れです・・・実験とはいえ、むちゃくちゃ水が滴ってる 汗

 

さてこの状態から、タオルドライです。この段階でどれだけ、水分をタオルでとれるか???ってのが、ドライヤーの面倒くさい作業を短縮する事ができるポイントです。

ここで意識して欲しいのが・・・まずは根元の部分からタオルドライして欲しいなと思います。

なぜなら、髪の毛の水分は根元から毛先に水分が流れていくので毛先の水をどれだけタオルで乾かしてもどんどん水が滴ってくるんですね‼︎

なので、タオルドライは根元から‼︎

DSC04700

一応2枚使ったほうが早く乾くので、2枚目も使います。

ちなみに、1枚でもマイクロファイバーのタオルは結構吸います。

吸っちゃ乾く吸っちゃ乾くって言うのが、マイクロファイバータオルさっき吹いたのにもう既に乾いてる・・・

DSC04705

さすが・・・タオル界のダイソン‼︎

 

DSC04712

タオルドライもいい感じにできたので・・・乾かしていきます。

その前に、櫛で優しくといて髪の毛を整えます。粗めのコームがおすすめ

DSC04713

それでは、乾かしていきたいと思います。

乾かすときのポイントは根元から乾かすということです。

根元を乾かすって言ってもわかりにくいと思うので・・・頭皮を乾かしてあげるイメージで乾かしましょう。

DSC04714

根元をなぜ散々ここまで乾かせというかというと

乾いた〜〜と思って、ほっといていたら、あれ?? さっき乾かしたのにまた、髪の毛濡れてる‼︎なんて経験ないですか??

それは、乾いていない髪の毛の根元の水分が重力に引き寄せられて滴ってくるという現象なのです。

そうなっちゃうとせっかく乾かしたのに毛先の部分に癖がつきやすくなっちゃったりしますので注意です。

 

矢印の方に手は動かしてあげて。黄色の円の部分に風を当ててあげるイメージです。

完成はこちら。少し櫛でといてあげました。

DSC04728

こんな感じにナチュラルになります。

髪の毛を乾かしすぎると痛む説について

早く乾かすというテーマからは少しづれるけれども、結構お客さんで多いのが、完全に乾かさない方がいいんでしょ??

だから、半乾きなのみたいなことを言われることが結構あります。

それは、間違いっす。

オーバードライとは??

確かに、美容業界にはオーバードライという言葉があります。乾かしすぎてパサパサになる現象のことです。

ただ、僕が思うに、オーバードライというのは素人の方が普通に乾かしていてできる境地ではないということ‼︎

髪の毛を乾かすくらいでそんなに、極限まで痛むということはありません‼︎ので、心配なさらずに・・・

しっかり最後まで乾かしてあげてください。あと3分乾かせば確実に綺麗になる状態で途中でストップするのはとてももったいないです。

髪の毛は濡れている状態の時に形がつきやすいという性質がありますので。

朝、寝癖がついて、朝のスタイリングの時間をなるべく短くしたい、

朝バタバタしたくない!!少しでも、朝ゆっくりしたいという方は、

夜しっかり乾かして寝ましょう。

これは結構重要なことなので頭の中に入れておきましょう!!

今回、使ったドライヤーはこちら

ドライヤーも早く乾かすためにはとても大事な道具です。

1日の中のドライヤーをかける時間この時間を短縮させてあげようと思ったら。風圧が強いものをお勧めします。

市販のものじゃなくプロ用のものをいっそ使っちゃいましょう。値段的にも、そんなに市販のものと実は変わらなかったりします。

軽い方がいいって方は上を本当に早く乾かしたいって方は下の方がおすすめ この前書いた。詳しい記事のリンクを貼っておくので参考にしてみてください。

ドライヤーについての記事はこちら

断然オススメ業務用ヘアドライヤーノビーをおすすめする3つの理由

 

まとめ

できるだけ、髪の毛を乾かす時間を短縮したい。そんな方に参考にしていただけたら幸いです。

毎日の5分〜10分が縮まれば年間で相当な時間が生まれます。

その時間をリラックスする時間だったり、本を読む時間だったり、有効に使っていただければ、この記事をかいた甲斐があります。

もし参考になりましたら、SNSで拡散していろんな人に教えて欲しいです。

こちらの記事もおすすめ

自分にあったストレートアイロンの選び方

アイロンを使用するときに注意する3っつのポイント

次買うなら業務用 ヘアドライヤー ノビーをオススメする3つの理由

【前髪】向いてる人 向いてない人 失敗しないオンザ眉毛

▼鹿児島県日置市伊集院町の美容室8の予約お問い合わせはこちらから

電話番号 099−272−1608

Add Friend

詳しい地図・アクセス情報はこちら

料金・メニューはこちら

お店の情報はこちら

お店の場所や料金など基本情報をお探しの方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

橋口晃輔

1987年3月10日 資生堂美容技術専門学校卒業 2012年10月10日から日置市伊集院町でヘアーデザイン8を開業 縮毛矯正のことを、自称 鹿児島で一番心から愛している美容師です。 日々のお手入れがしやすいデザインを提案し、美容室の仕上がりを家でも作れるという再現性の高い簡単でシンプルな髪型が好きです。 好きな食べ物 アメリカ産牛肉 刺身 嫌いな食べ物 きゅうり 好きな飲み物 ビール お腹のぽちゃぽちゃが気になる今日この頃