自分に似合う髪型って何??っていう話の巻

美容室ジプシーなう・・・

髪切りたい‼︎暑くなってきたし・・・サッパリしたい‼︎

いい美容師さんいたら・・・紹介してください・・・

お願いします。

絶賛悩み中・・・

 

いや〜〜自分が分身できるんなら・・・自分で色々できるんだけど・・・そううまくはできていないもので・・・

どうしても、一人で美容室していると・・・どこかの誰かに髪の毛切ってもらわなければならない・・・

僕は自分では切れない・・・

IMG_3682

お客さんは自分を見つけてよかったって言ってくれるけど・・・

そう・・・私は正真正銘、美容室ジプシー

ていうか・・・自分に似合う髪型って何??

お客さんが自分に質問してくるような・・・ことを本気で思ってしまう・・・という・・・

人のことは分かっても・・・自分のことは客観的に見れないよね〜〜笑

そんなダメダメ美容師なのですが・・・

俺って役に立てるんじゃね??

まあそれでも、私の仕事は美容師でして・・・

少しでも、そんな悩める人の役に立ちたいと思いまして・・・

ある意味・・・普通目線でお話しさせていただきたいと思います。

似合うとか似合わないとかいうそんなお話をさせていただきたいと思います。

ご拝読していただければ幸いでございます。

 

そもそも似合うとは??

そもそも似合う髪型ってのはなんぞや??

似合わないって言葉は、気分をどん底にさせる魔法のような言葉だけど

似合うって何??っていう話なんですけれども・・・

本当に抽象的で・・・分かりずらい言葉だと思います。

説明しろと言っても、なかなか難しいと思ったので

辞書で調べたら・・・

ちょうどよくつりあう。調和する。

美容室に求めることって、もう少し高い気がするけど、本来はこういう意味みたいです。

似合うは作れる

よく・・・美容師さんってセンスがど〜〜たら・・・・感性がすごくないと・・・

なんてアーティスティックなお仕事みたいな感じで

言われるんだけれども、

ぶっちゃげ、僕レベルがセンスとか感性とかインスピレーションだけで仕事してたらそんなのすぐに、枯渇してしまう・・・orz

湯水のように湧き出す才能ほしい・・・極々稀にそんな天才もいると思うんだけど・・・

お恥ずかしい話・・・自分は、そんな天才ではなかったみたいなのであります汗

あ〜〜天才になりたい・・・

 

ただ、天才じゃなくたって・・・

似合う髪型はできるということです。

そう似合うは作れる‼︎

 

 

似合うを作る為に意識しているポイントとは?

僕が意識しているポイントとは以下のポイントです。

・雰囲気 ・気分・素材・伸ばすパーツを見つける・誰に支持されたいのか?

雰囲気とは??

雰囲気っていうのは、ファッションだったり・・・その人っぽさ(キャラクターだったり)

見た目で受けた印象を分析します。まあ、だいたいその人のパーソナリティーみたいな世界観的なものって

お洋服だったりで出てくるのでここの分析っていうのが、非常に重要だったりします。

だいたい、ここで、やっちゃいけねえな ここはやるべきみたいなお察しが少なからずつくわけです。

 

気分とは??

これはその日のお客さんの気分です‼︎まあ、注文ともいう。これも重要だったりいたします。

なぜなら、いくら似合ってるって言われてもさ・・・

何ヶ月もこの髪型を頭の上で維持管理しないといけないんですよ。

いくら似合ってるって言われても・・・

なんというか、気分が乗ってないと気持ちがついてかなかったり、いたしません??

評判良かったんだけど・・・やっぱり耐えきれなくてみたいな感じになる可能性があると思うんですよね。

ここって結構重要なんじゃないかと思ってます。

 

 

素材とは??

髪質、毛量、生え癖、頭のカタチ、髪の傷み、首の長さ、体型などの問題

この問題っていうのも結構重要だったりいたします。

雰囲気と気分上の二つを考慮して髪型を決めたとしても。

この素材(現状どうなのか)っていう部分を無視して考えるわけにはいかないんでございます。

家でも、料理でも物を作るときは、自分で選べちゃうんですが・・・

髪の毛の場合は、現状あるもので作らないといけないんですね(当たり前のことなんですが・・・汗)

ここ無視して作っちゃうと・・・逆にスタイリングが難しくなったり・・・不自然・・・

そもそも、再現できない・・・なんていうことになります。

結果、自分でみても、他人から見ても、これじゃない感

フィットしていない感じになります。

なので、ここは、プロから見ても、結果が出る

無理の範囲内で作業させてもらうことを意識しています。

 

長所を伸ばす

必ず人っていいところあるんですよ

長所を伸ばすとその人らしさがすんごい出るんですね

これは、気分で入れたり入れなかったりってのがあるんだけど・・・

顔周りとか作るときに、ここを強調させたいとかが、髪の毛の力でできるんですが

そんな感じのことを使いましてさせていただきます。

でも、なんで、入れたり入れなかったりするのかって言ったら・・・

マンネリ感になりやすかったりするので、あいつワンパターンじゃんみたいになりやすいし・・・

ある程度、パターン化しやすい‼︎

まあ、料理の最後の塩コショウみたいな感じで入れたり入れなかったりって感じ‼︎

 

誰に支持されたいか??

例えば、この髪型が一番支持されたいのは、誰ですか??

一番輝きたいところってどこですか??

男性なのか???女性なのか???合コンに行った先の男性なのか??ママ友なのか??

多分、支持されたい人や背景でも、似合うっていうのがだいぶ違ってくると思うんですよね。

世の中には、TPOというものがあって、

これは一番最初に書いた雰囲気ってとこに近いかもしれませんがここも自分は重要視しています。

この前の成功事例はこちら

合コンに向けて、完全男目線で女性の髪型作った結果・・・

こういうことなんです。

まとめ

とまあ、長くなりましたが・・・

僕は天才ではないので、こういう角度から色々分析させていただいて。

皆様に、似合うっていうものを提案させていただいています。

 

 

あ〜〜今日はしっかり書いたな・・・長文最後まで読んでいただいた方・・・ありがとうございます。

次の大作を待て・・・comming soon

 

▼美容室の予約お問い合わせはこちらから♪

 

電話番号 099−272−1608

Add Friend

詳しい地図・アクセス情報はこちら

料金・メニューはこちら

 

お店の情報はこちら

お店の場所や料金など基本情報をお探しの方はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

橋口晃輔

1987年3月10日 資生堂美容技術専門学校卒業 2012年10月10日から日置市伊集院町でヘアーデザイン8を開業 縮毛矯正のことを、自称 鹿児島で一番心から愛している美容師です。 日々のお手入れがしやすいデザインを提案し、美容室の仕上がりを家でも作れるという再現性の高い簡単でシンプルな髪型が好きです。 好きな食べ物 アメリカ産牛肉 刺身 嫌いな食べ物 きゅうり 好きな飲み物 ビール お腹のぽちゃぽちゃが気になる今日この頃